一斉メール配信機能の従量課金について

一斉メール配信機能とは、フォームから得た顧客やインポートした顧客に対して、メールを配信できる機能です。

フォームのステータスごとやラベルごと、回答ごとにセグメントが切れたり、複数のフォームを跨いだ顧客に対して、一斉にメールを配信できます。

このページでは一斉メール配信機能の従量課金の説明を行います。

一斉メール配信の従量課金の概要

2022年5月31日(火)以降に一斉メール配信機能を利用するにあたり、1ヶ月間で配信したメール送信数により、従量課金型で料金が必要です。

なお、一斉メール配信機能は1ヶ月間で実配信したメール送信数を計算して、後払いで料金をいただく形となります。

また、ハードバウンス等のエラーにより送信先にメールが到達しなかった場合でもメール送信数に含まれ、課金の対象となります。

利用できるプランと料金は以下の表の通りです。

メール配信件数 月額(税抜)
1 〜 5,000件 980円
5,001 〜 10,000件 1,960円
10,0001 〜 15,000件 2,940円
15,001 〜 20,000件 3,920円
20,001 〜 25,000件 4,900円
25,001 〜 30,000件 5,880円
30,001 〜 35,000件 6,860円

なお、メール配信件数が35,001件以上となる場合も同様に、5000件ごとに月額980円が加算されます。

はじめてformrunで一斉メール配信を行う際の注意事項

一度に10,000通以上のメールアドレスに対して、一斉メールを配信される場合、 到達しないメールアドレス(バウンスメール)に大量に配信した際は、配信制限をかける可能性がございます。

詳しくはこちらをご覧ください。

注意事項:銀行振込ユーザーの一斉メール配信機能の利用について

一斉メール配信機能の利用は、現状クレジットカード利用のformrunユーザー様のみが利用でき、銀行振込利用のformrunユーザー様はご利用いただけません

なお、2022年 5月 31日(火) 以降も銀行振込にてお支払いを継続されるお客様は、2022年 5月 30日(月) までの本機能ご利用データに関して、2022年 5月 31日(火) 以降閲覧ができなくなります。
2022年 5月 31日(火) に機能がご利用いただけなくなった後でも、クレジットカード払いに変更されますと、本機能の過去データの確認および機能利用が可能となります。
 

14日間の無料トライアル期間における一斉メール配信機能の利用上限

14日間の無料トライアルをご利用中は、STARTERプラン/PROFESSIONALプランにおいて、メール送信数が10,000件まで利用可能となっております。

配信前に、以下の確認モーダルが表示されます。

従量課金時の具体例

具体例①

毎月の契約日(支払い日)が「1日」の場合で、4/1~5/1に2,000件のメール送信、5/1~6/1にはメール配信を行っていないケースの課金例は以下になります。

4/1〜5/1の1ヶ月間で利用したメール送信数が2,000件であったため、次の契約更新日である5/1にメール送信数2,000件分の従量課金である980円を支払います。

5/1〜6/1の1ヶ月間で利用したメール送信数は0件であったため、次の契約更新日である6/1は0円となります。

具体例②

毎月の契約日(支払い日)が「1日」の場合で、4/1~5/1に8,000件、5/1~6/1に12,000件にメール配信を行ったケースの課金例は以下になります。

4/1〜5/1の1ヶ月間で利用したメール送信数が8,000件であったため、次の契約更新日である5/1にメール送信数8,000件分の従量課金である1,960円を支払います。

5/1〜6/1の1ヶ月間で利用したメール送信数は12,000件であったため、次の契約更新日である6/1にメール送信数12,000件分の従量課金である2,940を支払います。

一斉メール配信時の課金確認モーダルについて

一斉メール配信を行う際に、配信する時の確認モーダル(ポップアップ)は、以下の2種類があります。

  • 「今すぐ配信」からメール配信を行う場合
  • 「配信予約」からメール配信を予約する場合

「今すぐ配信」からメール配信を行う場合

メールの作成画面にある「今すぐ配信」をクリックすると、配信時の確認モーダルが(ポップアップ)が出てきます。

「今すぐ配信」の場合、基本的に次回の契約更新日のメール配信数に含まれることになります。

上記の確認モーダル(ポップアップ)は、従量課金の課金単位である5,000件を超える度に出現します。

「配信予約」からメール配信を予約する場合

「配信予約」の場合、次回の契約更新日次々回以降の契約更新日、どちらかのメール配信数に含まれます。

どちらの期間に配信する一斉メールかにより、課金が発生する日時と金額が変わってきますので、ご留意ください。

また、上記の確認モーダル(ポップアップ)は「配信予約」を行う度に出現しますが、必ずしも課金が発生するとは限りません。

詳細は以下をご確認ください。

例1:課金が発生しないパターン
毎月 1 日が契約更新日、5/18時点で 2,000 件を 5/30 に配信予約する、かつ、次の契約更新日( 6/1 )までの配信数は 5/18 時点で1件配信している場合、今回で合計 2,001 件になるので、課金は必要ない

例2:課金が発生するパターン
毎月 1 日が契約更新日、 5/18 時点で 2,000 件を 5/30 に配信予約する、かつ、次回の契約更新日( 6/1 )までの配信数を 5/18 時点で 3,001 件配信していた場合、今回の配信で追加料金 980 円が発生する

次回の契約更新日に発生する金額はこちらで詳細を説明しておりますので、ご確認ください。

現在の一斉メール配信数の確認方法

設定画面「プラン変更」の「現在の契約状況」より、「次回契約更新日までの一斉メール配信数」を確認することができます。

「次回契約更新日までの一斉メール配信数」は前回の契約更新日時から次回の契約更新日時までの1ヶ月間に配信されたメールの数を指しています。

また、以下のように表示されます。
【配信数(配信済み分+配信予約分)/配信数の上限】

よくあるご質問

お困りですか?

FAQ menu

formrunの基本

料金プラン&機能一覧

チーム設定・ユーザー設定

フォームの作成

クリエイターフォー

コード型フォーム

フォーム設定

機能説明

一斉メール配信機能

顧客機能

セキュリティ対策

決済

その他