顧客のインポート・エクスポート

このページでは顧客画面へのインポートや顧客画面の情報をエクスポートする方法や仕様から、この機能を利用して顧客リストを編集する方法を説明します。

顧客画面へのインポート

顧客画面へのインポートとは

顧客画面上から顧客情報を直接インポートすることができます。

以下3つのデータをインポートすることが可能です。

  • メールアドレス
  • 顧客画面上で付与するラベル
  • オプトアウト情報(メール配信停止)

なお、既に顧客画面上に存在しているメールアドレス情報を再度顧客画面上からインポートした場合、顧客画面上で統合されます。

また、インポート時のデータは統合されていく仕様となっております。
(例1)顧客Aにラベルb,cを元々付与している状況で、顧客Aにラベルを付与していないデータをインポートした場合、顧客画面上では、ラベルb,cが付与された状態になる

(例2)顧客Aにラベルb,cを元々付与している状況で、顧客Aにラベルb,dを付与したデータをインポートした場合、顧客画面上では、ラベルb,c,dが付与されている状態になる。

顧客画面へのインポート方法

1.顧客画面へのインポートは顧客画面の右上の歯車マークより「顧客インポート」をクリック

2.データテンプレートダウンロードより、csv形式のテンプレートをダウンロード

3.テンプレートにインポートしたいデータを記入し保存する

4.ダウンロードしたテンプレートにある情報はそれぞれ以下を示しています。

  • email = メールアドレス
  • labels = 顧客画面上で付与するラベル(カンマ区切りで複数のラベルを付与できます)
  • opted_out = オプトアウト(オプトアウトするメールアドレスは”TRUE”と記入ください)

なお、一度オプトアウトした顧客をformrun上でオプトインすることはできませんので、ご注意ください。

4.記入完了したデータを②ファイルアップロードからアップロード

以上で顧客情報のインポートは完了です。

インポート時にラベルを付与する方法

インポート時に顧客へラベル情報を付与する方法は以下の2つがあります。

  • インポートするファイルのlabelsの列で付与する
  • 顧客画面>インポート画面上でラベルを付与する

【インポートするファイルのlabelsの列で付与する】

ファイルのlabelsが記載されている列で、顧客ごとに適したラベルを付与してください。

なお、カンマ区切りで複数のラベルを付与することができます。

【顧客画面>インポート画面上でラベルを付与する】

顧客画面.インポート画面の「③ラベルの付与」でラベル名を記入してください。

なお、付与できるラベルは1つとなっており、ファイルの全顧客にラベルが付与されます。

顧客情報のエクスポート

顧客情報のエクスポートとは

顧客画面上に存在している顧客情報をエクスポートすることができます。

顧客情報のエクスポート方法

1.顧客画面にてキーワード検索もしくは詳細検索よりエクスポートしたい顧客のみを絞り込む(※全ての顧客情報をエクスポートしたい場合は、検索する必要はありません。)

2. 顧客画面右上の歯車マークをクリック

3. 「顧客エクスポート」をクリック

4. ダウンロードするファイル形式を選択

5. 実行をクリック

6. アカウントのメールアドレスに顧客情報が届きますので、ダウンロードしてください。

よくあるご質問

お困りですか?

FAQ menu

formrunの基本

料金プラン&機能一覧

チーム設定・ユーザー設定

フォームの作成

クリエイターフォー

コード型フォーム

フォーム設定

機能説明

一斉メール配信機能

顧客機能

セキュリティ対策

決済

その他