クリエイターフォームとは

formrunでは、クリエイターフォームのフォーム編集画面を使って誰でも簡単にフォームを作ることができます。

このページでは、クリエイターフォームのフォーム編集画面の使い方について説明します。

クリエイターフォームのフォーム編集画面は、入力画面・完了画面(サンクスページ)・非公開画面の3つのページ設定が可能となっております。

また、カバー画像の推奨サイズもこちらから設定可能です。

フォーム編集画面への遷移方法

1度作成したフォームを再び編集する方法は
・フォーム編集画面
・コード型フォーム
で手順が異なります。

【フォーム編集画面の場合】

  • ボード画面右上にございます「フォーム編集画面」アイコン

 

  • フォーム一覧画面にございます「フォーム編集画面」ボタン

 

より修正することができます。

【コード型フォームの場合】

  • ボード画面右上にございます 「その他の設定>設定>開発者向け>コード設置」

 

より修正することができます。

クリエイターフォームのフォーム編集画面の画面構成

「クリエイターフォームのフォーム編集画面」で編集できるページは

  • 入力画面
  • 完了画面(サンクスページ)
  • 非公開画面

の3つです。

入力画面

「入力画面」とは、フォームを入力している際に表示される画面のことを指します。

ここでは、

  • フォームタイトルの編集
  • フォームタイトルのカラー変更
  • 入力項目の設置
  • 入力項目削除
  • 項目の複製
  • 必須/任意の設定
  • 項目のタイトル名・説明文の編集
     
  • カバー画像の設定
  • カバー画像のレイアウト設定
     
  • 公開/非公開設定
  • 公開期間の設定(有料版のみ)
  •  通知設定
  •  SNSシェアボタン設定
  • 利用規約/プライバシーポリシー設定
  • OGP設定 
  • Google アナリティクス トラッキングID設定
  • クレジット表示/非表示設定(有料版のみ)

を行うことができます。

入力項目の編集

順序入れ替え、削除、複製

  1. 入力項目の上にマウスをのせる
  2. 該当するアイコンをクリックする(字矢印のみドラッグ&ドロップ)

アイコンについて

  • 四角が重なっているアイコン(左端):項目の複製 
  • 字矢印(左から2番目):項目順序の上下移動(ドラッグ&ドロップ)
  • 上下矢印アイコン(中央):項目順序の上下移動
  • ゴミ箱アイコン(右端):入力項目の削除

必須/任意の設定・文言の編集手順

入力項目の上にマウスをのせると、
画面左部に該当項目のフォームタブ(下記参照)が出てきます。

ここから、

  • 必須/任意の設定
  • 項目のタイトル名・説明文の入力

を行うことができます。

【2019年3月、プレースホルダーの設定ができるようになりました!】
フォームの項目の回答例をうすく表示させることで、
エンドユーザーの入力をアシストすることができます。

タブ

クリエイターフォームのフォーム編集画面の左方には、4つのタブがあります。 

これらのタブを用いて
項目の設置、背景・カラーの編集、フォーム自体の設定を行ってください。

フォームタブ

フォームタブでは、
フォームの入力項目やその他表示させたいものを、フォームに設置することができます。

基本的な項目は以下の通りです。各項目をクリックすると編集画面に設置されます。

各項目の詳しい説明はこちらをご覧ください。

  

カバータブ・スタイルタブ

これら2つのタブでは、
作成するフォームのデザインを、写真、カラー、レイアウト及びフォントを
選択・変更することができます。

各項目の詳しい説明はこちらをご覧ください。

  

設定タブ

設定タブでは、

  • フォーム公開に関する設定
  •  フォーム送信に関する設定
  •  SNSでフォームをシェアすることに関しての設定

など、作成したフォームを公開するに当たっての各種設定が行えます。

各項目の詳しい説明はこちらをご覧ください。

      

完了画面(サンクスページ)

フォームの送信ボタンが押された後、
入力者が遷移する「完了画面(サンクスページ)」も編集することができます。

完了画面(サンクスページ)に遷移することで、
フォーム入力者はフォーム送信が完了したことを確認できます。

完了画面設置項目・編集

編集する画面の切り替えには、
クリエイターフォームのフォーム編集画面の上部で、
完了画面(サンクスページ)を選択してください。

完了画面(サンクスページ)でできること

  • 文言の編集
    • 表示されている文言をクリック(上記写真のとおり)
  • 外部ページのURL設定
    • 左メニュー画面に入力
  • 資料などの「ファイルダウンロード」設定(有料プランのみ)
    • 左メニュー画面に入力
    • ファイル容量の上限:100MB
    • ファイル設置数:1つ。Zipファイルを設置することで複数ファイルのDLも可能。

を行うことができます。

「ファイルダウンロード」機能を用いた施策例につきましては、以下の記事をご参照ください。
formrunの資料ダウンロード機能を活用して、ホワイトペーパー施策のマーケティングに取り組んでみよう

<参考:外部ページのURL設定>

非公開画面

フォームの公開設定を「OFF」に設定している際に
非エンドユーザー様へ表示する「非公開画面」を編集できます。

非公開画面設置項目・編集

 編集する画面の切り替えには、
クリエイターフォームのフォーム編集画面上部の画像で「非公開画面」をクリックしてください。


非公開画面では

・文言の編集→表示されている文言をクリック

・画像の埋め込み→左のメニュー画面からアップロード

・メディアの埋め込み→左のメニュー画面からメディアのURLを入力

外部ページへのリダイレクト左のメニュー画面から外部ページのURLを入力

以上の操作ができます。

ページURLを周知したのちに公開設定を「OFF」に設定したとしても、
エンドユーザー様へ任意のページを表示することが可能となります。

プレビュー・保存・シェア

クリエイターフォームのフォーム編集画面の右上には、
プレビューボタンと保存ボタンがあります。

プレビューボタンを押すと、
編集中のフォームがスマートフォン・パソコンでどのように見えるかを
確認することができます。

スマートフォン表示・パソコン表示の切り替えには、
プレビュー画面上方の切り替えボタン画像をクリックしてください。
 

フォームの保存を行うと、
保存されたフォームは自動的に公開され、入力・送信が可能になります。

保存を行わずに画面遷移してしまいますと
データは保存されず、フォームの編集は反映されませんので
ご注意くださいませ。

また、
フォーム編集画面>設定でフォームの公開をOFFにした場合、
保存を行ってもフォームは公開されません(非公開)。

公開したタイミングで、テスト送信を行い
設定や入力項目に不備がないかをテストしてみることをおすすめします。

クリエイターフォームのフォーム編集画面で作成したフォームは
iframe埋め込みを用いてホームページに埋め込まない限り、
独立したフォームページとして存在します。

この場合、
フォームURLをSNSやメール等でシェアしない限り
お客様はフォームにたどり着けません。

【よくあるご質問】1度作成したフォームの再編集はできますか?

クリエイターフォームのフォーム編集画面で作成したフォームを再編集する場合は、

  • 「フォーム一覧>フォーム編集画面」
  • 「ボード画面>その他の設定>フォーム編集画面」

から修正することができます。

カバー画像の推奨サイズについて

formrunのクリエイターフォームのフォーム編集画面では
カバー画像を設定して、目的に合わせたフォームのデザインにすることができます。

レイアウトの設定毎に推奨サイズが異なりますので、
下記の図を参考に画像の作成をお願いいたします。

※図は下記のサンプル画像をアップした場合に表示されるエリアとなります。

※PC・スマホ両方で同じ画像が使用されるため、
 表示端末によっては意図しない表示がされる可能性がございます。

※セーフエリア = PC・スマホ両方で表示されるエリア。

サンプル画像
 

 

レイアウト> トップ
 

推奨サイズ:幅1280px×高さ545px以上

セーフエリア:幅1280px×高さ160px

---

レイアウト > サイド

推奨サイズ:幅640px×高さ860px以上

セーフエリア:幅640px×高さ550px

---

レイアウト > フルスクリーン

 

推奨サイズ:幅860px×高さ860px以上

セーフエリア:幅570px×高さ860px

プレースホルダーの編集について

プレースホルダーを編集する場合には、

編集したいプリセット項目をクリックしていただくと、

項目設定が出現しますので、そこからプレスホルダーを編集いただけます。

途中保存機能について

フォーム入力時の途中保存は自動で更新されます。

また、ページ離脱時には、

警告のポップアップが出されますのでご確認ください。