データインポート・エクスポート

formrunではフォームに届いたデータをExcel・UTF-8形式でエクスポートしたり、Googleスプレッドシートに連携・出力したりできます。

また、既存のフォームで取得したデータや自分で作成したExcel形式のデータをformrun上にインポートすることができます。

このページでは、データのエクスポート・出力及びインポートについて説明します。

目次

CSVエクスポート(有料プラン)

エクスポートの仕様

現在エクスポート機能は、

  • 最大エクスポート件数は1000件
  • 一括エクスポート可能
  • 絞り込みエクスポート可能
  • メモ、メール、画像はエクスポート不可

という仕様になっております。

1000件以上エクスポートしたい場合は、こちらをご覧ください。

エクスポート方法

フォームに入力・送信されたデータは、
CSV形式でエクスポートすることができます。

フォームに送信され蓄積されているデータは
ExcelまたはUTF-8に合った形でエクスポートされます。

有料プラン前に集計したデータもエクスポートすることができます。

なお、エクスポートができるのは

のみです。
フォームメンバーがエクスポート機能を利用したい場合は、
権限を変更してください。

<一括エクスポート方法>

  1. リスト画面を開く
  2. その他の設定からエクスポート形式を選択する
    *一部エクスポートを行いたい場合は、
    ・左側にあるOを選択
    詳細検索
    をご利用ください

ExcelはUTF-8形式の文字を自動では判別できないため、
UTF-8でエクスポートしたデータをそのまま開くと文字化けしてしまいます。

文字化けを起こしているデータは、
当該ファイルを右クリック>プログラムから開く>メモ帳>上書き保存&メモ帳を閉じる
という作業の後、Excelで開くと正常に表示されます。

【よくあるご質問】1000件以上エクスポートするには?

1000件以上データが蓄積したい場合は
「リスト画面>詳細検索」から
キーワード・カードNO.・ステータス・担当者・対応状況・ラベル・期間・日時を選択して
指定した条件のデータのみをエクスポートしてください。

Googleスプレッドシート出力

formrunを通じて送信されたデータは、Googleスプレッドシートに出力することもできます。
旧管理画面ではご利用いただけません。新管理画面にお切り替えください。

Googleスプレッドシートとの連携

  1. Googleアカウントとの連携を行う。
  2. 設定画面>フォーム>外部連携設定に遷移する。
  3. 「連携する」をクリックする。
  4. 連携するGoogleアカウントを選択する。
  5. 連携しているGmailが記載されたことを確認する。

 

Googleスプレッドシートへの出力

  1. リスト画面を開く
  2. 「その他の設定>Google Spreadsheet」をクリックする

スプレッドシートへの出力が始まると、
エクスポートの開始・経過・終了がリスト画面上部にポップアップで通知されます
(下図は開始と経過のポップアップ)。

CSVインポート

インポート方法

formrunでは
それぞれのフォームに対してデータをインポートし、

  • カードの自動作成
  • 新たに設けたデータ項目に対する自動書き出し

を行うことができます。

この機能は特に、
新たにformrunを導入し、旧来のフォームツール等からデータを引き継ぐときなどに
ご活用いただけます。

<インポート手順>

  1. 「設定画面>データ管理>データインポート」をクリックする
  2. ①インポート用テンプレートのダウンロード
  3. ②データ項目名(1行目)/データ(当該データ項目の列)の入力
  4. ③CSV形式で保存したファイルのアップロード

カードの自動生成

データインポートを行うと、
インポートを行ったフォームのボード・リスト画面に自動でカードが作成されます。

作成されたカードは、フォームの入力で作成されたものと同様に利用することができます。

但し、作成されたカードには担当者や対応状況が設定されていません。

既存のフォームの引継ぎなどを行った場合には
再度それらの情報を設定することをおすすめします。

 

お困りですか?

FAQ menu

formrunの基本

料金プラン&機能一覧

チーム・個人設定

フォームの作成

フォーム設定

問い合わせ対応

セキュリティ対策

決済・トラブルシューター

その他

ISO/IEC 27001:2013 (ISMS) 登録番号: IA180169