データ項目設定

データ項目の追加・設定・削除方法について解説していきます。

目次

データ項目とは

データ項目は、

  • カード上・リスト画面上に表示される項目
  • カードを作成するときに記入することができる項目

のことを指します。

この項目を設定することで、必要な情報のみを表示させることができるようになります。
データ項目の設定は、
個別のフォームの「設定>データ管理>データ項目設定」から行うことができます。

なお、ここで行うデータの変更は削除を除いてフォームから送信されたデータに影響を与えません。

また、ここで追加するデータ項目はカード上にのみ反映され、
フォーム自体の入力項目には反映されません。

入力して欲しいデータが変わった場合は、
フォームクリエイターまたはコーディングによってフォーム自体の編集を行ってください。

データ項目の追加方法

データ項目追加は、
追加したいデータ項目の名前を空欄に入力し「登録する」ボタンを押すことによって行うことができます。

データ項目追加を行うと、ボード・リスト画面で開けるカードに記載されるデータ項目を追加することが出来ます。

フォームの入力によりボード上に自動生成されるカードや、設定変更がない状態での新規カード作成では、フォームの入力項目と同じデータ項目が設定されています。

一方、データ項目追加を設定した場合、カードには追加されたデータ項目欄が挿入され、当該欄には自由に入力を行うことができます。

同機能を使うと、営業やヒアリングで必要な・獲得したい情報を任意の名称の「データ項目」としてカードに追加・記入することができ、顧客データベースの充実を図ることができます。

 

また、このデータ項目追加の仕様を利用してカードのメモの出力(現在実行不可)と類似した作業を行うことができます。

データ表示・非表示設定

フォームの入力項目に設定していたが利用しなくなったデータに関しては、非表示設定を行うことができます。

データ管理>データ項目設定>データ項目設定でそれぞれの_field_をクリックし、「リストやカードに表示」の欄をクリックして表示・非表示を入れ替えてください。

また、これらの_field_はクリック&ドラッグによって任意の順番に並び替えることが出来ます。

適宜必要な順番に並べ替えて、カード機能をより見やすくしてみましょう。

データ項目の削除方法

フォームの入力項目に設定していたが利用しなくなったデータは、その_field_ごと削除することができます。

削除したい場合には上図にあるそれぞれの_field_の、「項目を削除」をクリックしてください。

一度削除した_field_データは復旧することができません。

また、データの削除を行っても「フォームクリエイター」や「コード型」出作成した入力項目は削除されません。データの送信自体を止めたいという場合は、別途フォームの編集を行ってください。

 

お困りですか?

FAQ menu

formrunの基本

料金プラン&機能一覧

チーム設定・ユーザー設定

フォームの作成

フォーム設定

問い合わせ対応

セキュリティ対策

決済・トラブルシューター

その他

ISO/IEC 27001:2013 (ISMS) 登録番号: IA180169