LINE WORKS 通知連携に必要な情報の取得方法

LINE WORKSとの通知連携を設定することで、LINE WORKSとformrunを連携させることができ、

formrunで作成したフォームへの回答があった場合や、メールの送受信をした場合にLINE WORKSへリアルタイムで通知できます。

こちらでは設定の際に必要な情報の取得方法をご説明します。

通知設定の方法はこちらをご覧ください。

連携に必要な情報を取得する前に

LINE WORKSとの連携をする際には以下の情報が必要となります。

  • API ID
  • Server API Consumer Key
  • Server List(ID登録タイプ)のID
  • 認証キー 
  • Bot No.
  • トークルームID

こちらのFAQでは、上記全ての情報の取得方法を説明しますが、情報が分散して配置されているため、逐一情報をどこかにメモしておくことを推奨しております。

なお、上記の情報一覧はformrunの設定画面における入力の順番に対応していますので、ぜひコピー&ペーストしてメモ用にお使いください。

API認証に必要な情報を取得する

API認証に必要な情報はLINE WORKS Developer Consoleから取得します。

ただし、LINE WORKS Developer Console を利用するためには、以下のいずれかの権限設定である必要がありますので、必ず権限を持った方が設定を行ってください。

  • 最高管理者
  • 副管理者
  • カスタム権限の「Developers」が含まれた管理者

LINE WORKS Developer Consoleに入る

まずLINE WORKSにログインした状態で、LINE WORKS Developersのサイトへアクセスします。
サイト右上の「Developer Console」をクリックします。

利用規約に同意し、「利用する」をクリックします。
これでLINE WORKS Developer Consoleに入ることができました。

API IDを発行する

1番上に表示されている「API ID」の枠内にある「発行」をクリックして発行します。
(発行されたIDをメモの「API ID」の部分にコピーして貼り付けましょう)

Server API Consumer Keyを発行する

まず上から3番目「Server API Consumer Key」の枠内にある「発行」をクリックします。
※Service APIでなく、Server APIですので注意して下さい。

発行をクリックすると、Server API Consumer Keyの権限設定が開きます。
「追加」を選択し、「次へ」をクリックします。

次にServer API Consumer Key管理の設定を行います。

Tokenの有効期限に任意の日数を設定します。
Tokenの使用時に有効期間を自動延長しますか?を「はい」に設定します。
その後「保存」をクリックします。
(発行されたKeyをメモの「Server API Consumer Key」の部分にコピーして貼り付けましょう)

※「Tokenの使用時に有効期間を自動延長する」とは、Tokenの有効期限内に新しく通知がきた際に自動的に通知連携の有効期限を延長するということです。

(例) 有効期限を30日に設定した場合
30日の間に新たな通知が来る→最後に通知が来た時より30日間連携は続く
30日の間に一切通知が来ない→有効期限が切れるので、通知は来なくなる

そのため、指定した日数の間に通知が1回も来ない場合は自動的に通知が来なくなり、再度連携の手続きが必要になりますのでご注意ください。

Server List(ID登録タイプ)を追加し、IDを取得する

1番下の「Server List(ID登録タイプ)」枠内にある「追加」をクリックします。

Server Listのポップが表示されるので、任意のサーバー名を入力します。
※どのような名前をつけていただいても構いません。

「Keyの選択」では、先ほど発行したServer API Consumer KeyのKeyと同じものを選びます。
「保存」をクリックします。
(発行されたIDをメモの「Server List(ID登録タイプ)のID」の部分にコピーして貼り付けましょう)

認証キーをダウンロードする

Server List(ID登録タイプ)を追加すると、認証キーをダウンロードできるようになります。
「ダウンロード」をクリックしてファイルをダウンロードし、その後ファイルを開いて認証キーを取得してください。
(発行された認証キーをメモの「認証キー」の部分にコピーして貼り付けましょう)

※認証キーは外部に漏れないようにしてください。またファイルを紛失した場合やファイルが流出した場合は、再発行ボタンから再発行して新しい認証キーを取得してください。

※Macの場合、ファイルをクリックするとKeynoteが立ち上がり「ファイルフォーマットが無効です」と表示される場合があります。その場合は以下をお試しください。 

  1. Finderでダウンロードしたファイルを探す
  2. ファイルを右クリックする
  3. 「このアプリケーションで開く」> 「その他」を選択
  4. 「アプリケーション」の中にある「テキストエディット」を選択
  5. 「開く」をクリック

Bot No.を取得する

LINE WORKSとの通知連携にはBotを利用します。
Botの登録からBot No.の取得、招待の方法までを説明します。

Botを登録する

Botの登録もLINE WORKS Developer Consoleから行います。
LINE WORKS Developer Console左サイドバーから「Bot」を選択します。
その後「登録」をクリックし、登録画面に移動します。

Botの登録画面で、Botの情報を登録します。
以下の項目は登録者の方が自由に設定できます。どのような設定でも構いませんが、何のためのBotかをわかるようにしておくとよりよいでしょう。

  • プロフィール画像
  • Bot名
  • 説明
  • 管理者(主担当・副担当)

上記以外の項目は以下の設定をしてください。

  • Callback URLはOFFにする
  • Botポリシーはチェックボックスにチェックを入れる

Botの情報が全て入力されたことを確認し、「保存」をクリックします。
これでBotの登録は完了です。

Botの登録後に表示される画面から、Bot No.を確認することができます。
(発行されたBot No.をメモの「Bot No.」の部分にコピーして貼り付けましょう)

Botを公開する

Botから実際に通知を受け取るためには、Botを公開する必要があります。

まずLINE WORKSのログイン画面右上のアイコンをクリックします。
そして「管理者画面」を選択し、管理者画面に移動します。
 

管理者画面上部の「サービス」を選択し、左サイドバーから「Bot」を選択します。
「追加」を押し、Botを追加します。

LINE WORKS Developper Consoleで登録したBotを選択し、「追加」をクリックします。

追加したBotをクリックしBot詳細を開きます。

「公開」にチェックを入れ、「保存」をクリックします。
これでBotが公開されました。

Botを任意のトークルームに招待する

Botの登録・公開が終わったら、formrunからの通知を受け取りたいトークルームにBotを招待します。

LINE WORKSのトークルーム画面右上にある「…」から「Bot招待」をクリックします。
※1対1や複数人のトークルーム(グループトークルーム以外)では、「Bot招待」ではなく、「招待」を選択し、表示された画面の「Bot」タブを選択して招待してください。

formrun連携用に登録・公開したBotを選択し、「招待」をクリックします。

これでBotの招待は完了です。

トークルームIDを取得する

最後に、formrunの通知を受け取りたいトークルームのIDを取得します。 

Google ChromeのブラウザでLINE WORKSのトークルームを開きます。
次にブラウザ右上の「⋮」をクリックし、「その他のツール」>「デベロッパーツール」を選択します。

ツールが開いた状態で、まずformrunを連携したいトークルームとは別のトークルームをクリックします。
するとツールに情報が表示されますので、「Clear」アイコンをクリックします。

ツールの情報がリセットされたら、formrunの通知を受け取るトークルームをクリックします。
すると、ツールにトークルームの情報が表示されるようになります。

ツールの「Network」を選択し、その下にある「getChannelData」をクリックします。

getChannelDataの右側にある「Preview」を選択します。すると「channelInfo」と書いてある横に「channelNo:数字」が表示されます。
この数字の部分がトークルームIDとなります。
(発行されたIDをメモの「トークルームID」の部分にコピーして貼り付けましょう)

※必ずformrunの通知を受け取りたいトークルームのIDを取得してください。