メール

formrunの大きな特徴のひとつとして、formrun上でメールの送受信ができるということが挙げられます。

このページでは、メールの受信イメージ、送信方法、メールアドレス設定、テンプレート機能、送信時間の指定/キャンセル、添付ファイルの送信方法、既読確認方法について説明します。

会社やプロダクトごとの独自ドメインでメールを送りたい場合は、合わせてこちらもご参照ください。

目次

メールの受信

formrun上からのメールに対する返信は、カード上に蓄積されていきます。

受信メールに対して返信する機能はないため、
必要な場合はメール本文をコピーして、新規メールとして送信者に返信してください。

メールを送る際のテンプレート文や署名などの設定については、こちらをご参照ください。

メールの送信

メール送信機能としては

  • 送信方法
  • 送信元のメールアドレス設定
  • テンプレート機能
  • 送信時間の指定/キャンセル
  • ファイルデータの添付/容量調整

があります。

送信方法

カードを開くと、左側にメール送受信欄があります。

  • 送り先のメールアドレス(ccも可能、Bccは不可)
  • 件名
  • 本文

を記入して送信してください。

<送信先メールアドレスに関するヒント>

  • フォームの入力項目にメールアドレスがある場合は、
    当該項目に入力されたアドレスが自動的に送り先のメールアドレスとして挿入されます。
     
  • メールアドレスの記入欄をフォームに複数設ける場合は、
    どのメールアドレスを送信先メールアドレスとして指定するかを、
    「フォーム設定>メール送受信」から設定することが出来ます。 
    (該当のfield ナンバーを選択してください)

送信元のメールアドレス設定

  • system@form.run
  • 独自ドメインメールアドレス(PROFESSIONALプランのみ)

となります。

独自ドメインの設定方法についてはFAQ:メール設定 をご覧ください。

テンプレート機能

よくあるお問合わせへの返信文や定型文を入力したい場合は、
メールのテンプレート機能をご活用ください。

テンプレート文はメール送信欄下部の、
「テンプレートを挿入」からご利用になれます。

送信時間の指定/キャンセル

<送信時間の指定/送信キャンセル>

メール送信の際には、送信時間を

  • 即時
  • 同日夜7時
  • 翌日朝9時

の3つから選択することができます。

送信時間を選択したい場合には、
時計マークをクリックして選択してください。

メール送信を即時で設定した場合でも、送信キャンセルが可能です(誤送信を防ぐため)。
ただし、送信ボタンのクリック後約30秒までとなりますのでご注意ください。

ファイルデータの添付/容量調整

メールには任意の形式のデータを添付し、送信することができます。

プランによって上限バイト数が違いますのでこちらをご確認ください。

ファイルのバイト数のカウントはチームごとで行われ、
チームで作成された全てのフォーム及びメールで送受信されたファイルをカウントします。

ファイルデータのバイト数の残量は、
「チーム設定>プラン変更」からご確認いただけます。

プランを変更しなくても、バイト数の残量を増やすこともできます。
当該データの送受信が行われたフォーム/カード/データ項目を削除することで
データ量を下げることができます。

既読確認

「設定>メール>メール送受信」より
「開封通知ON」にチェックを入れていただきますと
開封確認機能をご利用になれます。

 

お問い合わせいただいたユーザーがメールを開封したかを確認することができます。

お困りですか?

FAQ menu

formrunの基本

料金プラン&機能一覧

チーム・個人設定

フォームの作成

フォーム設定

問い合わせ対応

セキュリティ対策

決済・トラブルシューター

その他

ISO/IEC 27001:2013 (ISMS) 登録番号: IA180169