有料プランのメリット

このページでは、有料プランで利用可能になる機能として
Google Analyticsの設定や、メール機能、チームメンバーの追加について説明します。

目次

データ運用

STARTERプラン・PROFESSIONALプランでは、
CSVエクスポート及びGoogleスプレッドシート連携が利用できるようになります。
エクスポートを行うと、
フォームに届いたデータをExcelまたはUTF-8形式でダウンロードできます。

この操作を利用すると、顧客の管理がよりやりやすくなります。

リスト画面でのカード選択の仕様を利用すると、
特定のステータスのみCSVダウンロードを行うことができます。

これにより、
例えばGoogleスプレッドシート上で失注したお客様のみ管理・再度のアタックを行ったり、
受注していただいたお客様のみ
定期的にサービスのサポートや更新の案内を送ったりすることができます。

エクスポート機能の詳細はこちらをご覧ください。

Google Analytics(クリエイターフォーム)

STARTERプラン・PROFESSIONALプランでは、
クリエイターフォームをご利用時に
「Google AnalyticsトラッキングID設定」を行うことができます。

Google Analyticsでは
フォームの表示回数、送信完了回数、フォームの利用動向・資料請求などのコンバージョン数が
測定できます。
そのためウェブサイトや告知方法の改善の参考になります。

Google Analytics 設定方法

1. 「Google AnalyticsのトラッキングID」を設定する

クリエイター機能の「設定タブ」に表示されている「Google Analytics ID」に
Google AnalyticsのトラッキングID(「UA-<数字>-<数字>」の形式のもの)を入力後
フォームを保存してください。

 

2. Google Analytics上でフォーム表示回数を確認する

Google Analytics上では
様々なページからトラッキングデータを確認していただくことができます。

その中で比較的利用しやすいのは、
「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」
から閲覧できる「ページ」の画面かと思われます。

 

クリエイターで作成していただいたフォームのURLが「@test-form」の場合、

フォーム表示:「/@test-form」

フォーム送信完了:「/@test-form/thanks」

のページに対応します。

例えば、「/@test-form」の「ページ別訪問数」が100回、
「/@test-form/thanks」の「ページ別訪問数」が20回の場合、
おおよそ「100人がフォームを開いたが、そのうち送信までしたのは20人」ということを示します。
※ フォーム送信完了画面は、フォームを送信した人しかアクセスできません。
 URLから直接アクセスすることはできない仕組みになっているので、
 「/@test-form/thanks」の「ページ別訪問数」は正確に送信完了数に一致します。

---
フォームのコンバージョン率は、
項目の入れ替えや見直しによって大きく改善することがあります。

定期的にフォームの項目や説明文などをチェック・改善することによって、
回答者の利便性を高め、回答率の向上につなげていきましょう。

尚、Google Analyticsについてのご不明な点などは、公式サイトをご参照ください。
 

メール機能強化

STARTERプラン・PROFESSIONALプランでは、
FREEプランに比べメールの機能が拡張されています。

1.メール送信数が無制限

FREEプランでは、1つのフォームで月ごとに100通しかメールが送信できません。

一方、STARTERプラン・PROFESSIONALプランでは、
月ごとのメール送信数上限が撤廃されます。

そのため、お問合わせを多くいただいたり、返信が必要な場合は
有料プランをご使用になることをお勧めいたします。

2.メールテンプレートの変数機能をご利用可能

STARTERプラン・PROFESSIONALプランでは、
formrun上で送信されるメールにテンプレート機能を設定できます。

メールテンプレートに変数を設定することで
フォームで送信されたデータを自動的に本文に引用することができます。

これにより、
返信先のお客様の名前、所属、メールアドレスなどを手動で入力する必要が無くなり、
いっそう快適・迅速なお問合わせ対応を行うことが可能となります。

使い方に関しては、メール設定 をご参照ください。

3.独自ドメインメール(PROFESSIONALプランのみ)

FREEプラン・STARTERプランでは、
formrun上で送信されるメールの送信元は全てsystem@form.runとなっています。

PROFESSIONALプランでは、
formrun上で送信されるメールに独自ドメインのメールアドレスを設定することができます。

独自ドメインの設定により
会社やプロダクトで利用しているドメインのメールアドレスからメールを送信でき、
ブランドの統一感を保持することができるようになります。

独自ドメインメールの設定方法は、メール設定 をご参照ください。

メンバーの追加

FREEプランではチームメンバーが1人のところ、 STARTERプランではチームメンバーを3人、 PROFESSIONALプランでは10人にすることができます。
(11人目以降は別途、追加料金が発生致します。)

formrunはチーム制を取っており、 複数人で問合わせを確認・対応するときに真価を発揮するサービスです。
Slack連携との組み合わせにより、チームで即座に問合わせを確認・対応できるようになった例として、株式会社PR Table様がインタビューに応じてくださいました。
よろしければご覧ください。

「問い合わせ1分以内対応」ツール導入で実現できたチーム連携の仕組み ー株式会社PR Table 

1人では見逃しも生じるお客様からの問合わせも、
複数人で見れば迅速に、かつ状況把握ができる状態で対処することができます。

チームメンバーの追加方法は、チームとはをご参照ください。

お困りですか?

FAQ menu

formrunの基本

料金プラン&機能一覧

チーム設定・ユーザー設定

フォームの作成

フォーム設定

問い合わせ対応

セキュリティ対策

決済・トラブルシューター

その他

ISO/IEC 27001:2013 (ISMS) 登録番号: IA180169