フォーム公開・埋め込み

コード型で作成したフォームは、ホームページの公開と同時に稼動し始めます。

一方、フォームクリエイターで作成したフォームはURLの送付やiframeによる埋め込みを行わない限り、記入・送信をいただくことができません。

ここでは、フォームクリエイターで作成したフォームについて、公開・埋め込み方法を説明します。

目次

フォームのシェア

フォームクリエイターで作成したフォームは
iframe埋め込み(後述)を用いてホームページに埋め込まない限り、
独立したフォームページとして存在します。

この場合、
フォームURLをSNSやメール等でシェアしないと、
お客様はフォームにたどり着けません。

そのため、

  • コピー用URL
  • iframe埋め込みフォーム(埋め込み用画面に遷移)
  • SNSの共有ボタン

よりフォームのページをシェアしてください。

iframe埋め込み

フォームクリエイター機能で作成したフォームは、
iframeを用いてスクリプトをコピー&ペーストすることで、
外部ページに埋め込むことができます。

フォームクリエイターでフォームを作成後、
「フォーム一覧画面>iframe埋め込みフォームボタン」を
クリックすると、埋め込み用のスクリプト画面に遷移します。

同ページ内の指示に従い、
指定のスクリプトをコピー・表示させたいページに埋め込みを行うと、
表示させたいページの一部にフォームが表示されます。

なお、フォーム設置URLはフォームを表示させたいページのURLを、
フォーム送信後リダイレクトURLは、フォームが入力され送信された後に、入力者が遷移するページを示します。

フォームの埋め込み後はテスト入力・送信を行い、
正常に設置され動作しているかをお確かめいただくことを推奨します。

OGP設定

フォームクリエイターで作成したフォームのURLをSNS(Twitter,Facebook,LINE)でシェアする際に
OGP(Open Graph Protocol)として

  • フォームのタイトル
  • 概要
  • サムネイル画像

が表示されます。

OGPは自動的に作成されますが、
カスタマイズをしたい場合はこちらの「設定タブ」よりご確認いただき、設定してください。

キャンペーンやイベント、リクルーティング目的で作成した共有可能なフォームの場合
積極的にSNSで拡散することでフォームへの誘導を効果的に行うことができますので
是非ご活用ください。 

リダイレクト先URL設定(サンクスページ設定)

フォームへの回答送信後は、完了画面(サンクスページ)へと自動的にリダイレクトされます。

完了画面(サンクスページ)が表示されない場合、リダイレクト先を変更したい場合は、
「フォーム設定」より、リダイレクト先URLの設定をご確認ください。

 

お困りですか?

FAQ menu

formrunの基本

料金プラン&機能一覧

チーム・個人設定

フォームの作成

フォーム設定

問い合わせ対応

セキュリティ対策

決済・トラブルシューター

その他

ISO/IEC 27001:2013 (ISMS) 登録番号: IA180169