reCAPTCHAの設置について (クリエイターフォーム・コード型フォーム)

クリエイターフォーム・コード型フォームそれぞれに設置できる「reCAPTCHA」について設置方法を説明します。

「reCAPTCHA」について

「reCAPTCHA」は、Google社の高度な機械学習技術で人間とボット(自動化されたプログラム)を区別する認証システムです。

画像を選択するだけで、PCを操作しているのが人間かボットかを判定します。

画像を正しく選択しなければログインすることができないため、機械的に情報を送信するスパム・ボットによるアクセスを防ぐ対策として有効です。

なお、この機能に関してはGoogle LLCが提供するものになるため、
ご利用の際には利用規約ならびにプライバシーポリシーに合意いただく必要がございます。

詳しくは、
利用規約「第11条 第三者のサービス」内、
「1. 第三者サービス利用規約への同意及び適用」をご参照ください。

設置方法

「reCAPTCHA」はクリエイターフォーム・コード型フォーム、
両方のフォーム作成方法で設置することができます。

formrunでは「reCAPTCHA v2」のみをご用意しております。

なお、reCAPTCHAにチェックを入れ2分以上経過後にフォーム送信が行われると、時間切れとなり、エラーが発生します。
そのため、設置する場合は送信ボタンのすぐ上(フォームの1番最後)に設置することを推奨いたします。

・クリエイターフォーム場合

  1. 項目タブ「スパム対策>reCAPTCHA」をクリックする

・コード型の場合

  1. 「reCAPTCHA」の設定ページにアクセス
    まず、下記のサイトにアクセスしてください。
    reCAPTCHA: Easy on Humans, Hard on Bots
  2. 「reCAPTCHA」の設定
    下図を参照しながら該当する項目の記入・選択を行ってください。
    その後、「Register」をクリックしてください。

  1. 「reCAPTCHA」のSecret Keyのコピー
    2.の作業で作成された「reCAPTCHA」のSecret Keyをコピーしてください。

  1. Secret Keyの入力
    フォーム設定画面で、3.でコピーしたSecret Keyを入力してください。
  2. 埋め込み先ページのHTMLに下記タグを設置
    …HTMLのヘッダーの終了タグの直前に追加

<script src='https://www.google.com/recaptcha/api.js'></script>

formタグ内にRecaptchaを表示したい箇所にタグを追加

<div class="g-recaptcha" data-sitekey="your google recapcha site key"></div>

  *なお、"your google recapcha site key"の箇所には、ご自分のサイトキーををご記入ください。

なお、フォームを作成する際、
最初のフォーム形式の選択段階で、
「コード型フォーム」ではなく「フォーム編集画面」を選択すると、
「Google reCAPTCHA」Secret Key入力欄が表示されない仕様となっております。

また、「Google reCAPTCHA」機能がリリースされるよりも前に作成したフォームでも、
入力欄が表示されません。

こちらの問題を解決するためには、
「コード型フォーム」にて新規フォームを再度作成する必要がございます。