1. formrunFAQ
  2. 4.メール
  3. 4.独自ドメインメール

独自ドメインメールアドレスを設定する方法

独自ドメインメールの、ドメインの設定方法、DNSの設定方法、独自メールアドレスの設定方法、扱えるドメイン、サーバーについて説明します。

独自ドメインの設定方法について、詳しくは以下の記事でも紹介しております。
formLab:「独自ドメインメールアドレス」を設定して、エンドユーザーに安心感を届けよう!

 


1, ドメインの設定

 1. チーム設定画面を開きます

 2. 設定画面「チーム>独自ドメインメール」を開く
 3. 「メール独自ドメイン設定 ON」にチェックを入れる
 4.「独自ドメイン」に利用したいドメインに入力する
 5.「更新する」をクリック

2, DNSの設定

「①ドメインの設定」を終えると、「② DNS設定」のDNSレコードが表示されます。

ここで表示される「DNS設定」に記載されたDNSレコードを利用して、用意しているDNSサービス上でDNS設定を行います。

このレコードにはアンダースコアが含まれますので、DNS設定を行う際には、アンダースコア付きのDNS設定が利用可能なサービスをご利用ください。(お名前.comやAWS Route53、さくらインターネットなど)

詳細の設定方法はこちらをご覧ください。

※DNS設定が未完了の場合、こちらのキャプチャのようにValidが「×」となっております。以下の手順に沿って設定を行ってください。

3.DNS設定の再チェック

DNS設定が完了したら「DNS設定の再チェック」を押し、チェックマークが表示されるか確認する

4.独自ドメインメールアドレスの設定

設定画面「チーム>独自ドメインメール」から独自ドメインを設定できると、
フォームの設定から「独自メールアドレス」を設定することが出来るようになります。

  1. 設定したいフォームの設定画面「フォーム>メール送受信」を開く
  2. 「送信元アドレス」から「独自メールアドレスを利用」にチェックを入れる
  3. 利用したいメールアドレスを入力する
  4. 「更新する」をクリックする

 

独自ドメインメールアドレスの設定できる条件

独自ドメインメールアドレスにつきましては、以下3点を確認できた場合、formrunで取り扱うことができます。

  • 運用する独自ドメインメールアドレスでメールが受信できること
    • 独自ドメインにてメールを受信できるように設定してください。
  • DNSレコード設定をTXT形式で設定
    • DNSレコードにアンダースコアが登録出来るサービスでない場合は設定が行えません。設定画面「①ドメインの設定」後、「②DNS設定」にて表示されるDNSレコードにアンダースコアが含まれるためでございます。そのためDNS設定を行う際には、 アンダースコア付きのDNS設定が利用可能なサービスをご利用ください。 (お名前.comやAWS Route53など)
  • 独自ドメインメールアドレスの転送
    • 独自ドメインメールを設定し、formrunのボード画面にデータを取り込みたい場合は転送設定を行う必要があります。詳細はこちらをご参照ください。

サーバーについて

formrunで独自ドメインメールアドレスをご利用いただく場合、以下のいずれかを行う必要がございます。

  • メールを受信するためのメールサーバーを用意する
  • Gmailなどのサービスを使ってメールを受信できるようにする

サーバーの設定につきましては、貴社のシステム担当者にご確認ください。