一斉メール配信機能

一斉メール配信機能とは、フォームから得た顧客やインポートした顧客に対して、メールを配信できる機能です。フォームのステータスごとやラベルごと、回答ごとにセグメントが切れたり、複数のフォームを跨いだ顧客に対して、一斉にメールを配信できます。

このページでは、一斉メール配信機能を利用するまでの流れを説明します。

一斉メール配信機能を利用する手順

一斉メール配信機能を利用するためには、以下の手順で進める必要があります。

  1. 顧客画面への顧客の取り込み
  2. 配信リストの作成
  3. 配信するメール内容の作成
  4. 作成したメールの配信
  5. レポート結果の確認

顧客画面への顧客の取り込み

顧客画面タブをクリックして、遷移した顧客画面で、「顧客機能を利用する」ボタンをクリックすると、取り込みが開始します。

詳細はこちらをご確認ください。

配信リストの作成

配信リストの一覧画面の右上にある「新規配信リスト作成」ボタンより、配信リストを作成できます。

詳細はこちらをご確認ください。

配信するメールの内容を作成

一斉メール配信画面の右上にある「新規一斉メール作成」ボタンより、作成可能です。

詳細はこちらをご確認ください。

作成したメールの配信

配信するメールを作成した後、一斉メールの作成画面右上にある「今すぐ配信」ボタンより、配信を行ってください。

また、配信予約も行えます。

詳細はこちらをご確認ください。

レポート結果の確認

メール配信が完了したら、レポート結果で結果を確認しましょう。

詳細はこちらをご確認ください。

一斉メール配信機能の上限

一斉メール配信機能は、STARTERプランからご利用いただけますが、STARTERプラン・PROFESSIONALプランでそれぞれ以下2つについて上限が設定されています。

  • 各配信リストの配信可能顧客数
  • 配信リストの作成個数

配信リストの配信可能顧客数とは、配信リストに取り込める顧客の数です。また、メールを一斉に配信できる顧客数(メールアドレス数)とも言えます。

配信リストの作成個数とは、配信したい対象のセグメントごとに配信リストを作成することとなるため、セグメントの数となります。

例えば、イベントフォームへの参加者リマインドメールのセグメントと、イベントへの参加を促す顧客全体への集客メールなど、送りたいメールの内容・セグメント先に配信リストを作成することになります。

上記2つの上限がSTARTERプランとPROFESSIONALプランでそれぞれ設けられています。

 

STARTERプラン PROFESSIONALプラン
配信リストの配信可能顧客数上限 100件 300件
配信リスト自体の作成個数の上限 3個 5個

なお、お試し期間中の配信リストの顧客数上限については、一定利用できるレベルまで上限を無料で追加することが可能となっております。

禁止事項

同意を得ていない顧客へのメール配信

メール配信することに同意を得ていない顧客に対して、formrun上からメール配信することは、禁止しております。

特定電子メール法でも禁止されておりますので、ご注意くださいませ。

 

注意事項

独自ドメインメールアドレスを利用する際の注意事項

一斉メール配信機能では、PROFESSIONALプランをご契約されているチームに限り、独自ドメインメールアドレスで一斉メールを配信することが可能です。

ただし、2021年7月19日までに独自ドメインメールアドレスを設定されている方は、独自ドメインメールアドレス切り替え時に必要なDNSレコードの切り替えが必要です。

詳細はこちらをご確認ください。

よくあるご質問

お困りですか?

FAQ menu

formrunの基本

料金プラン&機能一覧

チーム設定・ユーザー設定

フォームの作成

クリエイターフォー

コード型フォーム

フォーム設定

機能説明

一斉メール配信機能

顧客機能

セキュリティ対策

決済

その他