CSVインポートについて

インポートとは

formrunでは、それぞれのフォームに対してデータを取り込み、
  • カードの自動作成
  • 新たに設けたデータ項目に対する自動書き出し
を行うことができます。
この機能は特に、新たにformrunを導入し、旧来のフォームツール等からデータを引き継ぐときなどにご活用いただけます。
詳細については
もご覧ください。

インポート画面への遷移方法

設定画面「データ管理>データインポート」をクリックする

インポート方法

1.ダウンロードするインポート用テンプレートを選択
2.「テンプレートをダウンロード」をクリック
※テンプレートデータをGoogleスプレッドシート上で開きたい場合はこちらを参照ください。
3.データ項目名(1行目)/データ(当該データ項目の列)の入力
※① ダウンロードしたテンプレートは、1行目に表示名、2行目に項目名「_field_1」の形で出力されます。
※② 3行目以降にインポートしたいデータを付け足してファイルをアップロードすることで、既にあるformrunのデータ項目の下にデータが追加されます。
4.ファイルを、ご利用中のデバイスに応じて、以下の形式でダウンロードします。
※Excel for Windowsをお使いの場合
「ファイル」>「エクスポート」>「ファイルの種類の変更」からCSV(カンマ区切り)(*.csv)形式で保存してください。
※Excel for Macをお使いの場合
「ファイル」>「ダウンロード」から「タブ区切り形式(.tsv)」で保存してください。
5.設定画面「データ管理>データインポート>③アップロード」の「ファイル選択」から2でダウンロードしたファイルを選択し、「アップロードして確認」をクリック
6.インポート内容の確認画面にてインポート内容を確認の上、画面右下の「インポート」をクリック

ダウンロードしたテンプレートデータをGoogleスプレッドシートで開く方法

1.新規スプレッドシートを作成する
2.画面左上のファイルからインポートを選択
3.アップロードの「デバイスのファイルを選択」からダウンロードしたファイルを選択する
4.ファイルとインポート場所を確認した上で、「データをインポート」を選択
以上で、formrunでダウンロードしたテンプレートをGoogleスプレッドシートで開くことがきます。
これ以降の手順は、インポート方法の手順4から参照ください。
データインポートを行うと、
インポートを行ったフォームのボード・リスト画面に自動でカードが作成されます。
作成されたカードは、フォームの入力で作成されたものと同様に利用することができます。
但し、作成されたカードには担当者や対応状況が設定されていません。
既存のフォームの引継ぎなどを行った場合には、再度それらの情報を設定することをおすすめします。