一斉メール配信の変数機能について

一斉メール配信で顧客情報を自動反映する変数機能について、設定方法や注意事項、テスト方法を説明します。

変数機能とは

変数機能とは、一斉メール配信の本文や件名に顧客情報の変数を差し込むことにより、顧客ごとにカスタマイズしたメールを送ることができる機能です。

変数機能の活用例として、以下のように送付した顧客それぞれの宛名をメールに表示させることができます。

設定方法

1. 一斉メール配信画面の右上にある「新規一斉メール作成」ボタンより、一斉メールの作成画面へ遷移する

2. 送信内容欄の中で変数を挿入する箇所をクリックする

3. 「変数機能」ボタンをクリックし、使用したい変数の項目を選択する

注意事項

上記の変数機能は顧客画面に表示される顧客の項目情報のみ設定することが可能です。

フォームの項目情報を表示させることはできませんので、ご留意ください。

なお、顧客の項目情報を表示させるためには、フォーム項目とのマッピングもしくは顧客画面からのインポートが必要です。

詳細はこちらをご覧ください。

変数機能のテスト確認方法

メール作成画面の「テスト送信」から送るメールの変数部分に入るテキストは、ダミーテキストとなります。

そのため、実際に配信する顧客にも問題なく変数が利用できているか確認したい場合は以下の手順をお試しください。

(例)
1. CSV形式にてテスト用の顧客情報をインポートする

メールアドレス:(自分のメールアドレス等テスト用のメールアドレスを記入)
名前(姓):山田
名前(名):太郎
会社名:テスト
ラベル:テスト

※顧客インポートの詳細はこちらをご覧ください。

2. 「顧客情報>顧客ラベル>テスト」の条件で配信リストを作成する

3. 2.の配信リストを宛先にしたメールを作成する

4. 作成したメールを配信して変数が表示されているかを確認する